職安を活用した看護師の転職活動

看護師さんに限らず、転職・求職活動を行う上で最もメジャーな手段といえば “ハローワーク(職安)”の利用ではないでしょうか。 「仕事探し=ハローワーク(職安)」というイメージは大変強いので、 転職を意識する際真っ先に思いつく手段でもあるかもしれませんね。

たしかに、ハローワーク(職安)は無料で様々な求人情報を集める事が出来る上、 求人情報を掲載する側(病院や企業)にとっても無料で募集をかける事が可能な手段です。

その為採用に至るハードルが低く、ハローワーク(職安)を通した転職であれば 比較的簡単に新しい職場にありつく事ができるかもしれません。 また、失業給付や再就職手当などの各種手当受給も ハローワーク(職安)利用の大きなメリットなのでは無いでしょうか。

さらに、地方での転職事情としてハローワーク(職安)は大変有効な手段です。 地元に特化した求人情報を多く抱えているため、地方への転職をお考えであれば ぜひハローワーク(職安)を活用した転職活動をおすすめします。

とはいえ、ハローワーク(職安)だけに絞った転職活動では賢いとは言えないかもしれません。 というのも、ハローワーク(職安)で公開されている 求人情報の情報量はそれほど明細では無い事が多いのです。

そのうえハローワーク(職安)は求人を出す病院や企業の内部情報に疎く、 入職後のミスマッチを引き起こしてしまいやすいといったデメリットを孕んでいるのです。 また、そもそもハローワーク(職安)に求人情報を出していない病院や企業も多く存在しています。

これらのデメリットを考えると、ハローワーク(職安)だけに頼らず 他の手段(転職サイト など)との併用によって情報の薄さをカバーする必要があると言えるでしょう。

ハローワーク(職安)だけが転職手段ではありません。近年では様々な転職ツールが登場しています。 せっかく転職するのであれば、これらのツールをフルに活用し公開の無い転職にしましょう。

メニュー

ページの先頭へ