看護師が知人から転職先の紹介を受けたら

看護師さんの転職活動の手段として、最も魅力的な方法は“知人からの紹介”なのではないでしょうか。 知人や友人による紹介であれば、その病院の内部についての情報を詳しく知る事が可能です。

就職口を紹介してくれるほどの仲であれば、職場の環境や雰囲気なども気兼ねなく聞く事が出来ますし 知人本人にしても嘘をつくメリットがありませんのでいつわりなくリアルな情報を提供してくれるでしょう。 この情報には、ハローワークや転職支援サイトにはない詳細さ・信頼性が期待できます。

また、知人・友人からの紹介であれば採用の可能性もグッとアップするはずです。 病院で勤めているスタッフによる紹介ですので、採用側にとっても 一般で応募してくる見ず知らずの求職者と比較してあなたという人材は信頼・安心できる存在なのです。転職活動を行う際、知人や友人から就職口の紹介を受ける事が出来た場合、大きなチャンスととらえても良いでしょう。

しかし、“知人からの紹介”という転職方法にはこれらの利点に隠れるデメリットが存在します。 「友達が転職先をしょうかいしてくれた!」と手放しで喜ぶ前に、 そのデメリットをきちんと理解しておく必要があるでしょう。

一つ目のデメリットとして上げられるのは、“他スタッフ(看護師さん)からの目”です。 紹介してくれた知人にとってはそうではないかもしれませんが、 他の看護師さん達にとってあなたは「コネで入ってきた看護師」という存在になっていしまうのです。

もしもその病院が就職口として人気の高い病院で、一般的な応募での入社ではハードルが高かった場合、 その「コネ入社」という存在は冷ややかな目で見られてしまう恐れがあるのです。

また、別のデメリットとして“離職し辛い”という点があります。 せっかく紹介してもらった職場ですので、万が一辞めたいと思っても辞め辛い空気があるでしょう。 “知人の紹介”を受けた場合は、入職後に起こりうるデメリットへの理解と覚悟を持って受ける必要がありそうです。

メニュー

ページの先頭へ