自力で行う看護師の転職活動

看護師さんが転職活動を行う場合、ハローワークや求人情報誌、新聞の求人欄や 転職支援サイトの活用など、様々な手段で求人情報の収集を行う事ができます。

中でもハローワークや転職支援サイトの利用では、応募や面接の日程調節、また条件交渉など 本人の変わりに行ってくれますので、不安の多い転職活動では大変ありがたい存在ですね。 しかし、少数派ですがこれらのツールを使う事無く自力で転職活動を行う看護師さんも存在しています。

ここでの“自力で”というのは、看護師さん本人が直接病院へ問い合わせるという方法です。 病院のホームページでも採用情報は確認できますので、手間は多いかもしれませんが決して難しい事ではありません。

本人からの問い合わせは意欲のある看護師であると印象付けることも出来ますので 転職活動を進める上でメリットのある方法なのではないでしょうか。

また、就職・転職先として人気のある病院の中には、ハローワークや転職支援サイト、 さらにはホームページにも採用情報を掲載していない事も珍しくありません。 そうなってくるとなおさら、看護師さん本人が直接問い合わせての転職活動にチャンスが多いのです。

しかし自力での転職活動となるこの方法には不安や手間がつきものです。 病院側への条件交渉はもちろん、履歴書や職務経歴書の作成、面接への対策も 看護師さん本人が進めていく事になりますので、「この方法で間違ってないのかな?」という疑問や不安が多くなります。 病院の内部情報についても収集が難しく、ミスマッチが起こる可能性も少なくはありません。

さらに、多くの看護師さんは勤めながら転職活動を行う事になります。 ただでさえ忙しい看護師さんのお仕事をこなしながらの転職活動は負担の大きいものになるでしょう。

たしかに、自力での転職活動には様々なメリットがあります。 しかし現実に自分がこなす事が出来るのかを見極める事も重要でしょう。 採用側への印象づけとしては大変効果的な方法ですが、病院の情報収集については 転職支援サイト等を賢く活用した方がいいのではないでしょうか。

メニュー

ページの先頭へ